乳児湿疹の原因を解き明かそう|赤ちゃん守る術

親子

乳児の湿疹対策とは

女性と赤ん坊

赤ちゃん肌とは綺麗な肌の代名詞のような言葉ですが、実際の赤ちゃんの肌は薄く肌が荒れたり、乳児湿疹などのトラブルが起きやすいため注意が必要です。乳児湿疹の原因は様々なものがあります。オムツかぶれ、アトピー性皮膚炎、アレルギー反応、あせもなどが湿疹を引き起こす原因です。生後2週間を過ぎると現れやすくなりますが、1〜2歳までに自然治癒することが大半だとされています。日常でできる予防の工夫としては、入浴するときには赤ちゃん用の石鹸をしっかり泡立てて洗い清潔を保つようにして、入浴後はローションなどで保湿することが有効です。また、赤ちゃんの体を作るために必要な母乳は母親から得られます。摂取する母乳の成分は赤ちゃんの肌にも影響してくるため、脂質や糖質の抑えた食事をしていくことなどの工夫も大切です。

乳児湿疹の原因は様々ですが、月齢によって特徴は異なります。出産後から2・3ヶ月の症状は皮脂の分泌が多いとされる時期のため、ニキビのような状態の湿疹が引き起こされます。4〜9ヶ月の期間では皮脂の分泌が少なくなるため、乾燥によるトラブルが引き起こしやすくなります。悪化しやすくなる時期のため、状態によっては病院での治療がオススメです。10ヶ月〜1歳になると皮膚が厚くなっていき、乳児湿疹は改善されていくと考えられています。乳児湿疹だと思っていたら別のアレルギーが原因だったということも考えられるため、症状が治らない場合には病院で検査することが大切です。乳児湿疹の原因は様々ですが、月齢に合わせて対処していくことが必要となります。

日光はできるだけ避ける

赤子

赤ちゃんにも日焼け止めを塗るなど紫外線対策は必須です。赤ちゃんの肌は刺激に弱いので、紫外線吸収剤を使っていないノンケミカル加工の日焼け止めやオーガニックの製品が安心して使えます。海などのレジャーでは、ラッシュガードやSPFの高い日焼け止めを併用して万全の対策が必要になります。

Read More..

美味しくて安全なのが魅力

水を持つ人

現在は赤ちゃんようのウォーターサーバーサービスや純水の販売があります。それなら赤ちゃんにも安心して出せる、粉ミルクを作れますので人気です。また、工夫として赤ちゃんが大きくなってからも、ウォーターサーバーなら多目的で使えます。

Read More..

お水の賢い購入方法

ボトル

赤ちゃんがいる家庭にウォーターサーバーが徐々に普及しているそうです。コンパクトで場所を取らず転倒の心配もないため、離乳食やミルクなど何かとミネラルウォーターを消費する赤ちゃんを持つ家庭に需要があるようです。

Read More..